Home » クロスコープのノマドオフィスサービス

クロスコープのノマドオフィスサービスcrosscoop.biz


NOMADオフィス特典(CROSS BORDERオフィスプラン)

1. 2拠点目以降は初期費用0、月額利用料10%OFF!

CROSSCOOPオフィスは、東京(新宿、青山、六本木)とシンガポール、ジャカルタ、ホーチミン、デリー、マニラでサービスオフィスを展開しています。いずれかの国のCROSSCOOPをご利用の会員様は、2拠点目以降に他国のCROSSCOOPオフィスを利用する場合、入会金(初期費用)が無料利用料も10%OFFの特別料金にて、ご契約することができます。(ご契約時に多拠点会員である旨をスタッフにお伝えください。)
これにより、お客様のグローバル化及び高度なノマドワークスタイルの実現を推進して参ります。

2. 出張時に各国オフィスを1時間/1日単位でご利用できるビジネスラウンジ機能

CROSSCOOPでは、出張で各国を視察される会員様に対して、各国のオフィスを1日または1時間単位で利用できるサービスをご提供しております。
運営時間は受付スタッフのいる平日9時~18時とさせて頂いており、ご利用できるのはシェアオフィスのフリーアドレス席となります。
他のお客様同様に高速インターネット回線がご利用になれますので、出張の空き時間にメール処理や書類作成などでご利用ください。

各国料金:
日本(1,000円/時間、4,000円/日)、シンガポール(S$10/時間、S$50/日)、
ジャカルタ($6/時間、$30/日)、 ホーチミン(VND100,000/時間、VND500,000/日)、
マニラ(PHP250/時間、PHP1,200/日)、デリー(Rs400/時間、Rs1,800/日)

3. 各国の会議室も1時間から利用可能

高速インターネットとWeb会議システム完備の会議室が各国CROSSCOOPオフィスにご用意しています。CROSSCOOPの会員様の出張時に1時間単位で会議室をご利用頂けます。(会員登録されているオフィススタッフに他オフィスの会議室利用の事前予約が必要となります。)

各国会議室料金(1時間あたり):
日本1,500円、シンガポールS$50、ジャカルタ$20、ホーチミンVND500,000、
マニラPHP1,000、デリーRs1,000

※プロジェクターのご利用は別途料金が発生します。

CROSSCOOP members are entitled to use ‘CROSS BORDER OFFICE service’

 

海外CROSSCOOP責任者が推奨する東南アジア進出パターン

アジアの企業が東南アジアに進出する時のお奨めのオフィスの使い方は、本社がある現地のCROSSCOOPを海外準備室として利用し、次いで初期費用がかからない2拠点目としてシンガポールに東南アジアの統括オフィスを開設します。
その後、シンガポールから出張で周辺国の業界環境や外資規制、市場動向、競合調査を行う際に、1時間単位で利用できる各国のオフィスや会議室を有効活用し、パートナーとの面会や既に進出している
企業へのヒアリング(CROSSCOOPには既に進出している企業が多数入居中)を実施し、具体的に進出する国を決定し、再び初期費用なしで拠点開設を行い営業を開始する方法をお薦めします。

 

韓国パートナーオフィスも利用可能(Bizsquare)

更にCROSSCOOPの会員は、韓国のInvestment Groupが運営するレンタルオフィスBizsquareを利用することができます。韓国出張時にご利用ください。ご利用には事前予約が必要です。
利用料金:オフィス3,000KRW/時間、オフィス15,000KRW/日、会議室15,000KRW/時間

Copyright(c) 2012- SOCIALWIRE CO.,LTD. All Rights Reserved.